ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

温泉と近くのみどころ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月10日更新

小原温泉

美に包まれた、いで湯の里。
白石川上流の緑豊かな渓谷に面した風光明媚な湯の里が小原温泉です。800年もの歴史を重ねており、地元では「目に小原」と親しまれ、多くの人が訪れています。

小原温泉の写真

旅館・ホテル名電話番号
ホテルいづみや0224-29-2221
旅館かつらや0224-29-2121
しんゆ旅館0224-29-2321

各旅館のホームページ

近くのみどころ

スパッシュランドパーク

四季折々の自然を楽しみながら散策することができます。毎年4月下旬から5月上旬にかけてシバザクラが満開となり美しい風景を堪能できます。

碧玉渓

国道113号を小原方面に向かい、白石川上流にでれば、水と緑と岩が奏でる見事な景観美が広がる碧玉渓。
漢文調の、ちょっと格調が感じられる名前だと思いませんか?   それもそのはず、明治の文豪・徳富蘇峰が名付けたのですから。彼がこの地を訪れた際に、その渓谷美に感動し、命名したと言われています。深い、緑色を宿した、玉のように美しい渓谷・・・実にこの名前の意味も納得できる景色です。
新緑の時期には、生まれたての緑が目にしみ、爽快さもひときわ。夏になれば、川風が心地よく、気持ちまで涼しくなれます。秋の紅葉は、なかなかの風情。雪景色になれば、まさに一幅の墨絵の趣に。周辺は小原遊歩道が整備されており、自然を満喫することができます。

碧玉渓の写真

検断屋敷

材木岩公園内に移築復原され、旧宿場町の風情が漂います。

小原温泉岩風呂かつらの湯

平成16年にオープンした日帰り温泉です。
小原温泉の川沿いにある、落ち着いた風情の岩風呂です。
営業時間:8時~18時
料金:高校生以上200円   小・中学生100円

小原温泉岩風呂かつらの湯の写真

白石湯沢温泉

昔の宿場町に300年来天然自噴している、日本でも数少ない「石膏芒硝泉」です。
飲用にも適した素晴らしい泉質が魅力の温泉です。
旅館   やくせん   電話番号:0224-29-2620

近くのみどころ

万蔵稲荷神社

100基余りのまっ赤な鳥居がどこまでも続く参道が目印です。
熊谷家に生まれた万蔵は、小坂峠を中心に馬方をして暮らしていましたが、ある時峠の頂上で、旅に疲れた老僧に一食を求められ、老僧を馬に乗せ我が家にて、心からのもてなしをしましたが、翌朝早く老僧は姿を消してしまいました。万蔵が昨日の峠にさしかかると馬のいななきが聞こえたので見てみると、昨夜の旅僧が立っており「私は稲荷明神の化身である。昨夜は殊勝な心がけであった。」と礼をのべ馬三頭を与えられました。万蔵はその後、この馬を金に代えて稲荷社を建て、自らも修行し、出羽三山から大阿闇梨金剛院祐観(だいあじゃりこんごういんゆうかん)の院号を受け、後には即身仏になったと伝えられています。
万蔵稲荷神社の写真

鎌先温泉

谷間の閑静な、薬湯の里
南蔵王不忘山麓の谷あいに湧く、静かな温泉郷。鎌先温泉の名称は、600年以上も前に、里人が鎌の先でさぐりあてた温泉ということに由来しています。
神経痛や手術後の保養に効果があると言われ、「キズに鎌先」と奥羽の薬湯として親しまれています。

旅館・ホテル名電話番号
湯主   一條0224-26-2151
木村屋旅館0224-26-2161
最上屋旅館0224-26-2131
すずきや旅館0224-26-3111
みちのく庵0224-26-2111

各旅館のホームページ

鎌先温泉昼間の写真  

鎌先温泉夜間の写真

近くのみどころ

弥治郎こけし村

伝統こけしの歴史的な変遷ぶりや工人の実演を見学できる弥治郎こけし村へ足を伸ばしましょう。展示販売もしているので、おみやげにももってこいです。こけしの絵付け体験もできます。

みやぎ蔵王白石スキー場

雄大な蔵王の大自然を満喫しながら家族みんなでスキー&スノーボードをお楽しみ下さい。