ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 見る・楽しむ > 自然・風景 > 観光サイト > 南蔵王色彩の森(水芭蕉の森・どうだんの森・不伐の森)

南蔵王色彩の森(水芭蕉の森・どうだんの森・不伐の森)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新

周辺地図の画像
 南蔵王の山裾に位置する「水芭蕉の森」「どうだんの森」「不伐の森」は、3つの森を合わせた「南蔵王色彩の森」として、白石の自然を体感できる観光スポットです。
 春には水芭蕉、5月から6月にはサラサドウダンやヤマブキ、秋にはマユミの赤い実、9月にはエゾリンドウなど、四季ごとに美しく色づき、散策におすすめです。

水芭蕉の森・どうだんの森

 「水芭蕉の森・どうだんの森」は、南蔵王の山麓に群生する水芭蕉やサラサドウダンを植生保存に配慮しながら、自然観察と保護思想の普及・啓発の場として整備しました。四阿(あずまや)もあり、憩いの場として多くの方々に親しまれています。
 「水芭蕉の森」は、南蔵王野営場近くの湿地帯にあります。水芭蕉の花は、4月上旬に咲き始め、白い清楚な花が南蔵王山麓に春の訪れを告げます。5万本を超える花が一面に咲き誇り、4月下旬ごろまで楽しめます。

  • 歩行時間:約1時間  
  • 標高:640m  
  • 面積:約5.8ha

 隣接する「どうだんの森」は、落葉低木の群生地で、木道が整備され散策しながら森林浴が楽しめます。枝先に下がる鐘形の赤く可憐なサラサドウダンの花は、5月下旬に咲き始め、6月中旬にかけて見ごろを迎えます。
 他にもレンゲツツジ、コバイケイソウ、エゾリンドウなど、様々な植物が咲き続きます。

  • 歩行時間:約30分 
  • 標高:640m  
  • 面積:約1.7ha

水芭蕉・どうだんの森案内図[PDFファイル/247KB]

水芭蕉の森の写真

どうだんの森の写真 

水芭蕉の森の写真

お問い合わせ先

商工観光課
〒989-0292
宮城県白石市大手町1番1号 白石市役所2階
電話番号:0224-22-1321
メールでのお問い合わせ

不伐の森

 南蔵王山麓の「不伐の森」には、雑木林や赤松林が広がり、森の中を散策できる歩道や展望広場があり、ヤマブキ、ヤマツツジなどが植えられています。
 5月上旬ごろ、市の花であるヤマブキが黄金色に咲き誇ります。蔵王連峰の雄大な風景を望みながら、爽やかな自然空間を楽しんでみませんか。

  • 標高550m
  • 面積:約39ha

不伐の森案内図・パンフレットはこちら[PDFファイル/2.69MB]

不伐の森の写真1 
不伐の森の写真2 

お問い合わせ先

農林課
〒989-0232
宮城県白石市福岡長袋字陣場が丘12番地13 白石市農林振興センター内
電話番号:0224-22-1253
メールでのお問い合わせ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)