ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

相談するとき心がけること

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新
  1. 話をまとめておく
    内容が複雑な相談は、あらかじめ要領よく話をまとめておいてください。事実関係や人間関係などはメモしておくと便利です。
  2. 資料を持参する
    契約書など相談に関係する資料があると、より適切な助言が受けられます。
  3. 本人が相談する
    詳しい話を伺うためにもなるべく本人か、事情をよく知っている方がおいでください。
  4. 問題解決はあなた自身
    相談窓口は、相談者に内容に応じた適切な助言をすることが目的です。問題を解決するのは、あくまでも相談者ご自身です。原則として、相手との交渉・仲介・あっせんはいたしません。