ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・医療 > 高齢者福祉 > 各種高齢者福祉サービス(介護保険制度以外のサービス)

各種高齢者福祉サービス(介護保険制度以外のサービス)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月22日更新

【平成30年4月現在】

高齢者福祉サービス

 

事業名内容対象者費用申請書類等
配食サービス事業月から金曜日(祝日・年末年始を除く)の希望する曜日に、夕食を自宅まで特殊保温容器に入れて配達します。(※金曜日は使い捨て容器を使用)
※「食の自立支援」事業のため、3~6月に1度アセスメント(利用調整)調査を実施します
65歳以上のひとり暮らしまたは高齢者世帯、障がい者手帳1・2・3級を所持する18歳以上のひとり暮らしの方  1食あたり
   500円
*配食サービス利用券を購入いただきます
申請書
緊急時連絡票(緊急連絡先2人以上(別世帯)が必要)
高齢者等安心見守り事業ひとり暮らしの高齢者宅に緊急通報端末を設置し、緊急通報を受けた受信センターが救急車を手配したり、あらかじめ登録いただいている協力員に駆けつけを要請します。さらに24時間間隔で利用者の動きを感知する安否確認センサーも設置するほか、医療・福祉等に関する無料相談や月1回のお元気コール、災害時の安否確認等を実施します。65歳以上の病弱なひとり暮らしの方、ひとり暮らしの重度障がい者  1月あたり
   500円
*通常の電話料や自己都合による移設、機器の紛失等は実費負担となります
利用申請書
※申請には緊急時に駆けつけていただく市内在住の協力員3人が必要です
ほっとくらぶ
(生きがいデイサービス事業)
スパッシュランドしろいし(ほっとくらぶ・スパ)および薬師の湯(ほっとくらぶ・薬師)で、生活指導、レクリエーション・軽スポーツ、趣味・教養活動、送迎、昼食、入浴などを行います。
・利用時間 午前10時~午後3時
・毎週1回で月4回利用が基本です
・2施設を週替わりで交互に利用します 
65歳以上で介護保険認定者および総合事業に該当しない方1回あたり
1,000円
  申請書
調査後に診療情報提供書を提出いただきます
自立者支援ショートスティ事業月3泊4日を限度に特別養護老人ホームでお預かりします(送迎はありません)。65歳以上で介護保険認定者に該当しない方1日あたり
2,500円
(食費・居住費などが別途必要となります)
申請書※施設の空き状況確認のため、事前に長寿課へご相談ください。
 救急医療情報キット配布事業 高齢者世帯等の希望者に救急医療情報キットを無料配布します。かかりつけ医・服薬情報・緊急連絡先などの情報を記載した用紙を冷蔵庫に保管し、万が一の救急時に備えます。 65歳以上の高齢者世帯または災害時要援護者台帳に登録されている方
※上記以外の希望者
無料
※200円
 申請書(無料配布は各地区公民館でも申請できます)
高齢者バス乗車証等交付事業70歳以上の方に市内を運行するミヤコーバス(白石遠刈田線)の乗車証と乗車券(1月あたり4枚)を交付します。70歳以上の方1乗車につき、
     100円
申請書
高齢者タクシー利用助成事業市が委託契約しているタクシー会社を利用するとき、1乗車当たり500円を割引く助成券を月2枚交付します。※重度心身障がい者移動サービス利用助成券との併用はできません。65歳以上の方で、要介護3以上の認定を受けた市民税非課税の方1乗車につき利用料金から500円を差し引いた額が利用者負担となります申請書
介護保険被保険者証を持参してください
在宅老人等紙おむつ給付事業指定した薬局から限度額内の紙おむつ等を給付します。
※給付限度額(月額)
 市民税非課税世帯に属する方
        4,000円
 市民税課税世帯に属する方
        2,000円
65歳以上のねたきりの方(要介護3以上)、認知症高齢者の日常生活自立度が3a以上の方、身体障がい者手帳1・2級(障がい部位によります)を所持している方給付限度額との差額が利用者負担となります 申請書      
高齢者SOSネットワーク事業

高齢者等が徘徊等により行方不明になった際の早期発見、保護、身元不明の高齢者等を保護した際の身元特定を行うため、予め高齢者等の情報を市に登録し、関係機関と連携し、高齢者等の生命や身体の保護、家族支援を図る事業です。

65歳以上の認知症で徘徊のおそれのある方、若年性認知症等で徘徊のおそれのある方         無料

   事前登録申請書
     同意書等

 

訪問理容サービス事業理容師が自宅まで訪問し理容サービスを提供します(理容師の送迎費用は市が負担します)。
利用回数は3カ月に1回以内です。
65歳以上のひとり暮らしまたは高齢者世帯の方、要介護3以上の認定を受けた方理容料金(3,000円)は利用者負担になります申請書
寝具類等洗濯乾燥消毒サービス事業1回あたり掛布団1枚、敷布団1枚、毛布1枚の洗濯乾燥消毒を行うサービスです。布団等は自宅まで回収、配達します。(年2回実施。洗濯期間は2週間ほどかかります)65歳以上の方で、要介護3以上の認定を受けた方委託料の1割(平成30年度は1枚あたり216円)が利用者負担となります申請書
高齢者世話付住宅生活援助員派遣事業入居者が自立して安全かつ快適な生活が営めるよう在宅生活を支援することを目的に生活援助員を派遣します。シルバーハウジング入居者所得税に応じて負担金あり
老人福祉センター利用助成事業70歳以上の市民全員に「ほっときゃっするパス」を交付し、パス提示により老人福祉センター薬師の湯しろいしの日帰り入浴が200円で利用できます。(「ほっときゃっするパス」提示により、市民バスも100円で乗車できます)70歳以上の方日帰り入浴が200円
(1日1回まで)
パスを対象者に郵送します。紛失破損等の場合は実費負担の上再発行します。
 【市民有償ボランティア】
高齢者等地域ささえ愛互助活動支援事業
 (白石市社会福祉協議会への委託事業)
協力会員と利用会員からなる会員登録制の市民有償ボランティアによるネットワーク事業です。
生活支援サービス(家事支援サービス・移動支援サービス)を行います。また、ふれあいサロンの支援を行います。
〇協力会員
市内に居住し、生活支援サービスの手助けができる方。趣旨に賛同する方であれば特別な資格は不要です。
〇利用会員
市内に居住する65歳以上の高齢者や身体障がい者手帳を所持する方などで、家庭内で生活支援(家事支援・移動支援)サービスを受けることが困難な方。
※但し、移動支援サービスには、対象要件がありますので、詳しくは事務局までお問い合わせください。
〇登録料:
   年1,000円
〇利用料:1時間あたり500円
※1時間以降、30分単位で250円ずつ加算。
※移動支援サービスは、利用時間による利用料のほかに、移動1kmあたり20円を加算。
 申請書

※申請先:申請書類等欄に記載の無い場合は、長寿課高齢福祉係(総合福祉センター内)または市役所1階市民課福祉窓口まで。

敬老者の長寿をお祝いする事業

事業名内容対象者費用申請書類等
米寿祝金の支給88歳の米寿を迎える皆さんに対して敬老の意を表し、福祉の増進を図るために米寿祝金を支給します。
・支給額 1万円(商品券)
市内に1年以上居住する88歳の方
(平成30年度は昭和5年1月1日から昭和5年12月31日までに生まれた方となります)
-                  6月末日までに支給します
松竹梅敬老祝金の支給 満100歳を迎えた高齢者の方の長寿をお祝いし、松竹梅敬老祝金を支給します。
・支給額 10万円
 市内に3年以上居住する満100歳を迎えた方
(平成30年度は、大正7年4月1日から大正8年3月31日までに生まれた方となります)
満100歳を迎える誕生月に支給します

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)