ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生活環境課 > 破損・浸水した太陽光発電設備による感電にご注意ください!

破損・浸水した太陽光発電設備による感電にご注意ください!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月3日更新

破損・浸水した太陽光発電設備による感電にご注意ください

太陽光発電設備は、災害等で破損や浸水しても、光があたれば発電することがあります。

このため、破損箇所に触れたり、接近したときに感電する恐れがあります。

また、強風などで飛ばされた場合、周囲の住宅等に被害を及ぼしたり、人身事故を起こす可能性がありますので、ご注意ください。

 

太陽光発電設備とは

  太陽光パネル(モジュール)、架台・支持物、集電箱、パワーコンディショナーおよび送電設備(キュービクル等)

 

壊れた太陽光パネル(モジュール)を処理するときは

ゴム手袋やゴム長靴などを着用したうえで、光があたらないようにパネルをブルーシート等で覆うか、パネル面を地面に向けて感電防止に努めて下さい。

 

 

※水没した太陽電池発電設備による感電防止についてのお願い(経済産業省)

http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2018年07月30日0709.html