ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住居表示

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月17日更新

 同じ番地に何軒も家があったり、番地が順序よくついていなかったり、町の一部がとんでもないかたちで隣りの町に入りこんでいたり、など、住居の表示が混乱しているところがあります。新しい住居表示は、こうした混乱を解消するために生まれた制度です。市では昭和57年より10年の年次計画で、白石の旧町内・福岡・大平・大鷹沢などの一部を街区方式で実施しました。
 住居表示実施地区内に建物を新築したときは、都市整備課に届けてください。住居番号をお知らせします。住民登録(市民課への転居・転入届のご提出)は、その後に行ってください。
必要な書類は下記のとおりです。

住居表示実施区域一覧

大川町城北町西益岡町
大手町益岡町沢端町
八幡町南町一丁目、二丁目新館町
東町一丁目から六丁目まで田町一丁目から三丁目まで旭町一丁目から五丁目まで
寿山緑が丘鷹巣東一丁目から四丁目まで
鷹巣西一丁目から三丁目まで城南一丁目、二丁目上久保

住居表示番号の申請書(ダウンロードしお使い下さい。)

建物等新築届 [PDFファイル/122KB] 記入例 [PDFファイル/32KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)