ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

立木伐採届

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新

伐採届出を必要とする森林は

 地域森林計画対象民有林(白石市内のほぼすべての民有林)において、立木を伐採する場合は、伐採面積の大小に関わらず事前に届出をする必要があります(森林法10条の8)
 ただし、保育のための除伐および竹林の伐採については届出の必要はありません。
 また、保安林や保安施設地区の区域内に含まれる森林を伐採する場合は別途手続きが必要です。
 なお、林地開発許可(森林法10条の2)の要件を満たさない開発行為(土砂採取等)を行う場合は、「伐採跡地の用途」欄を必ず記載した上で伐採届を提出頂く必要があります。

届出者は

 森林所有者が自ら伐採する場合は森林所有者自身が届出者となります。
 また、立木を買い受けて伐採する場合は買受人が届出者となります。
 すなわち、立木の使用または収益を得る権限を有している方が届出人となります。

届出の時期は

 伐採をしようとする日の90から30日前までに届出書等を提出してください。

届出用紙は

 ダウンロードページ、農林課林業振興係にあります。

記載すべき内容は

 森林の所在場所、面積、伐採期間、伐採の方法等を記載して下さい。

 ※詳細はリーフレットをご覧下さい [PDFファイル/225KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)