ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 上下水道事業所 > 公共下水道と農業集落排水が完成するまで

公共下水道と農業集落排水が完成するまで

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新
  1. 処理区域の決定
    処理区域の決定は、市議会で決定されます。
     
  2. 下水道本管の布設位置の計画・決定区域の測量調査
    処理区域が決定すれば、下水道本管の布設位置を計画し、本管が規定どおりに布設できるかどうか、現地を測量調査します。
     
  3. 下水道管の埋設位置の決定
    測量調査の結果に基づき、下水道本管の布設位置を決定します。
     
  4. 工事請負業者の決定
    下水道工事は、複数業者の競争入札による最低入札価格で請負業者を決定します。請負業者が決定後、市の担当者と打合せを行い、工事の進め方、交通規制の内容を決定します。
     
  5. 工事説明会の実施、もしくは工事に関する案内の配布
    下水道工事の進め方と交通規制の内容が決定しましたら、住民の皆様へその決定した内容を、工事説明会もしくは工事に関する案内として説明します。
     
  6. 公共汚水マスの申請
    公共汚水マスを、お宅の敷地のどの位置に設置するか、申請をしていただきます。
     
  7. 試験掘り
    地面の掘削に先立って、計画している下水道本管が計画どおりに布設できるかどうか、地面を部分ごとに掘削し、地下の埋設物(水道管など)を調査します。
     
  8. 地面の掘削、下水道本管の設置
    工事が開始されますと交通規制が始まります。また地面を掘削しますと計画に併せて深い溝ができます。現場では事故防止に努めておりますが、なるべく工事現場に近づかないようご協力ください。
     
  9. 公共汚水マスの設置、取付管の設置・本管への接続
    下水道本管の工事と同時に、敷地に設置する公共汚水マスを申請があった場所に設置します。また公共汚水マスと下水道本管を結ぶ取付管も設置します。
     
  10. 地面の埋め戻し、舗装復旧
    掘削した溝に下水道本管を布設し、掘削した地面を埋め戻します。その後に工事前と同じ状態に舗装を復旧します。
     
  11. 工事の完成検査
    計画している下水道工事がすべて完成しますと、市では計画どおりに工事が完成しているか検査を行います。この検査に合格しないと下水道が使用できません。
     
  12. 供用開始
    完成検査合格後、公示などの手続きを行い準備が整い次第、下水道の供用開始のお知らせをします。各戸の水洗化工事は供用開始後に行ってください。