ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

まちづくり交付金

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月6日更新

市民が主役のまちづくりを支援します

平成30年度採択の小原地区活性化推進協議会による『柿渋を使った地域づくり』。
これまでに開催した面白石の会in小原公民館の話し合いで、高齢化の影響などで収穫できない柿が猿などのエサになり、田畑への被害が拡大するのを食い止めたいとの思いから生まれたアイディアが柿渋でした。
この取り組みを、小原地区全体の活力向上に繋げるため、本年度は講師を招聘した研修会の開催、柿渋の仕込み、柿渋を使った製品づくりに挑戦しました。

研修会 製品づくり
講師を招聘して開催した研修会の様子(左) 加工した米袋バックに柿渋液を塗っている様子(右)


 

平成31年度分のまちづくり交付金申請(1次募集)は受付を終了しました

 

平成31年度分のまちづくり交付金申請(2次募集)は受付を終了しました

 

まちづくり交付金事業の採択結果

これまでのまちづくり交付金事業の採択結果はこちら→http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/soshiki/30/390.html 

まちづくり交付金要綱

要綱ダウンロード [PDFファイル/82KB]  

まちづくり交付金申請に必要な書類について

提出書類一覧ダウンロード [PDFファイル/95KB]           

交付対象団体

  • まちづくり協議会など (指定管理者制度に基づき、地区公民館の管理運営を行っている団体および白石地区にあっては白石市自治会連合会白石支部)
  • まちづくり活動に貢献が期待できる団体で、次に掲げるすべての要件を満たす団体。 
    (1)市内に拠点を有する。 (2)5人以上の構成員で組織している。
    (3)代表者を定め、運営や組織に関する規約などを定めている  (4)政治、宗教、営利団体でない。

交付金対象経費

  • 対象経費(例)                                                                                                                                講師への謝金・旅費、会場設営費、広告宣伝費、消耗品費、通信運搬費
    会議費 (食料費を除く)、旅費 など                                                                             
  • 対象経費外(例)                                                                                                                              団体運営にかかわる経費(人件費を含む)、汎用性のある事務用品やキャビネットなどの備品関係費など
    (例、パソコン、コピー機、プリンター、印刷機、机、イス など)             

申請方法 

  ※現在、申請書の受付は行っておりません

地区 提出先 場所 電話番号
白石地区 自治会連合会白石支部事務局代行
(白石市中央公民館内)
中央公民館 22-1343
26-2453
 越河地区 越河地域振興会 越河公民館 28-2101
 斎川地区 斎川まちづくり協議会 斎川公民館 25-2701
 大平地区 大平公民館運営会議 大平公民館 25-2338
 大鷹沢地区大鷹沢まちづくり振興協議会 大鷹沢公民館  25-2711 
 白川地区白川振興会議 白川公民館  27-2101
 福岡地区 福岡地区民の会福岡公民館  25-2249 
 深谷地区白石市深谷公民館
運営委員会 
 深谷公民館 24-4540 
 小原地区小原地区振興会 小原公民館  29-2031

申請から交付決定までの流れ

           地域づくり団体  →→→  地区まちづくり協議会 →→→ 市長(生涯学習課) 
                       (1)申請                 (2)進達

               (5)決定通知 ↖      (5)決定通知             (3)諮問

                              市長(生涯学習課)  ←←← 審査会
                                            (4)答申

 

この事業に関する詳細は 生涯学習課 地域支援係(0224-22-1343)までお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word が必要です。
お持ちでないかたは、Wordのファイルを表示、印刷することができる
Word Viewerをバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)