ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

能楽堂いろいろ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新

敷地面積

  • 2,582.68平方メートル

構造規模

  • 建築面積641.61平方メートル
  • 延床面積561.53平方メートル

施設内容

  • 能楽堂は、能舞台、見所、楽屋の三つの部分からなり、京都西本願寺北能舞台を手本とし吉野産の檜の柱、青森ヒバの床板等を用いて構成されています。
  • 見所は、固定席169席、補助椅子席で300席可能、冷暖房設備を完備しています。
  • 見所後部のガラス戸を全部開放して、見所の中に庭園を取り込み、自然の中で演能をおこなっているような感じです。

能楽堂の写真

外構

  • 敷地の境は生垣とし、能楽堂の廻りは砂利敷き、飛び石としています。

このページに関するお問い合わせ先

古典芸能伝承の館(碧水園)
〒989-0248 宮城県白石市南町2丁目1-13
電話番号:0224-25-7949

メールでのお問い合わせはこちら