ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 計画・施策 > 白石市ふるさと納税 > 「郵便局のみまもりサービス」をふるさと納税の返礼品とすることに関する協定を締結しました

「郵便局のみまもりサービス」をふるさと納税の返礼品とすることに関する協定を締結しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月20日更新

日本郵便株式会社と協定締結式を執り行いました

 平成30年3月20日、日本郵便株式会社と「郵便局のみまもりサービス」をふるさと納税の返礼品とすることに関する協定を締結しました。
 みまもり訪問サービスは、月1回郵便局員の方が市内にお住まいの高齢者の方等のお宅へ訪問や電話連絡をし、その状況ををご家族の方等へお知らせするものです。
 市長からは、「今回ご提案いただいた商品は、高齢者世帯の多い市において大変心強いものであり、また、白石を離れて暮らすご家族にとっても安全、安心の一助となる大変嬉しいサービスです。今後も、郵便局の皆様と力を合わせて、地域の安全、安心に取り組んでいきます。」との挨拶がありました。
 日本郵便株式会社の中江東北支社長からは、「このサービスが、家族の絆をつなぐためのお手伝いになれば嬉しいです。郵便局のネットワークを活かし、トータル生活サポート企業として白石市と連携していきたいと考えています。」とご挨拶をいただきました。
 「郵便局のみまもりサービス」は、平成30年4月から、ふるさと納税のお礼の品とする予定です。
 詳しくはふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」をご覧ください。
 ふるさとチョイス 白石市のページへ(外部リンク)

 「郵便局のみまもりサービス」について、詳しくはこちらをご覧ください。
 日本郵便株式会社のページへ(外部リンク)

 協定式の写真
 協定書に署名し、握手を交わす中江東北支社長(左)と山田市長(右)