ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

白石市の予算

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月25日更新

平成31年度当初予算編成について

 平成31年度は、学校教育の充実、子育て支援、移住・定住の促進、および「白石市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づく各種施策に取り組み、第5次白石市総合計画に掲げる「人・暮らし・環境が活きる交流拠点都市づくり」を着実に推し進め、白石市を「住みたいまち」、「住み続けたいまち」とし、「市民の笑顔あふれる白石」の実現を目指します。
 「市民の笑顔あふれる白石」の実現に向けて、平成31年度の当初予算編成にあたっては、本市の財政状況を踏まえ、義務的経費を除く経費については、事業の必要性・緊急性等を再検証し、ゼロベースから徹底した見直しを行い、集中改革プランの改革項目についても適切に反映させ、歳出の抑制、債務の軽減、収入の確保などに取り組むとともに、経常経費の削減、事務の効率化を進め、持続可能な財政構造の構築に取り組みました。
 このように、効果・効率性の高い行政体制の構築に取り組みながら、「選択と集中」を推し進め、白石の将来も展望しつつ、真に求められる施策について、重点的に予算を配分しました。

平成31年度当初予算について

 一般会計、特別会計、企業会計をあわせた平成31年度予算総額は255億5,365万5千円で、前年度当初予算額と比較すると2.4%、6億2,318万5千円の減となりました。このうち、一般会計は141億3,533万2千円で、前年度と比較すると3.3%、4億8,578万3千円の減となり、4年連続でマイナス予算となりました。

市全体(一般会計+特別会計+企業会計)
255億5,365万5千円 (前年度比 △6億2,318万5千円 増減率 △2.4%)

一般会計
141億3,533万2千円 (前年度比 △4億8,578万3千円 増減率 △3.3%)   

 

平成31年度当初予算の主要事業について

 

引上げ分の地方消費税交付金(社会保障財源化分)の使途状況について

 平成26年4月1日に消費税率が5%から8%に引上げられ、引上げ分の地方消費税収については社会保障4経費(年金、子育て、医療、介護)その他社会保障施策に要する経費に充てるものとされています。

 本市の一般会計における上記経費の充当状況は、以下のとおりです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)