ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > り災証明書・被災証明書の発行について

り災証明書・被災証明書の発行について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月20日更新

 台風19号により家屋等に被害を受けた方に対する「り災証明書」および「被災証明書」の申請受付を、10月15日(火曜日)8時30分より開始します。

 申請には、被災の程度がわかる写真とあわせて、本人確認ができるもの(運転免許証など)と印鑑をご持参ください。

 なお、「り災証明書」は現地調査を行ったうえで発行しますので、請を受けてから発行まで、1週間から2週間程度かかる場合があります。

 

申請場所・受付期間

申請場所 : 白石市役所 本庁舎 税務課

受付時間 : 8時30分から17時15分まで(土・日・祝を除く)

受付期間  :  令和2年3月31日(火曜日)まで  ※期間が延長になりました

 

申請に必要なもの

・被災の程度がわかる写真(できるだけ詳細なもの)

・本人確認ができるもの(運転免許証など)

・印鑑(認印で可)

※申請人と同一世帯ではない方が申請に来る場合は、委任状が必要になります。

 

申請対象(り災証明書の場合)

対象物件 : 白石市内にある住家(災害発生時において居住の用に供していたもの)

         ※持ち家・賃貸は問いません。

         ※事務所・店舗・倉庫・カーポートなど、居住していないものは対象外となります。

申 請 人  : 災害発生時において上記物件に居住していた者 

【申請書】 り災証明願[PDFファイル/37KB] | 記入例 [PDFファイル/42KB]

【委任状】 委任状様式 [PDFファイル/85KB]

 

申請対象(被災証明書の場合)

・白石市内にある非住家の建物等(事務所・店舗・倉庫・カーポートなど)

【申請書】 被災証明願 [PDFファイル/30KB] | 記入例 [PDFファイル/198KB]

 

手数料

無料 (郵送で申請の場合、別途郵送料がかかります。)

 

り災証明書・被災証明書の追加発行(再発行)について

 一度発行した「り災証明書」および「被災証明書」の追加発行(再発行)を希望する場合は、本人確認ができるものと印鑑(認印で可)をご持参ください。

 なお、当初発行した証明書の申請人と同一世帯ではない方が申請に来る場合は、委任状が必要になります。

【申請書】 り災証明書追加発行申請書 [PDFファイル/28KB]

※被災証明書の追加発行については、当初の申請と同様の様式となります。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)