ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本市職員の新型コロナウイルス検査について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月27日更新

 

本市職員の新型コロナウイルス検査について

 仙南保健所の指導により、濃厚接触者4人、検査対象者3人がPCR検査を受けましたが、1人が陽性となりました。陽性となった職員については下記のとおりです。

 なお、本市副市長菊地正昭は、27日に陰性が確認されました。濃厚接触者の対象ではないことから、現在は職務に復帰しております。

 

所属・職務内容

 総務部 40代 男性職員 

 

症状・経過

 山田白石市長の濃厚接触者として11月25日に仙南保健所より連絡があり、翌日11月26日にPCR検査を実施しました。27日に陽性が判明し、現在は自宅療養中となっておりますが、発熱・せきなどの症状は見られません。
 当該職員については、11月26日から出勤しておりません。

 

公衆衛生上の対策

 11月26日朝に事務室などの消毒作業を実施しました。