ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 新型コロナウイルス感染症 感染症対策・経済対策について > 感染症対策 > 感染症に関する情報 > 宮城県における新型コロナウイルス感染症対策(リバウンド対策の強化)について【事業者向け】

宮城県における新型コロナウイルス感染症対策(リバウンド対策の強化)について【事業者向け】

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月12日更新

宮城県における新型コロナウイルス感染症対策(リバウンド対策の強化)について【事業者向け】

飲食店等に対する要請等

1.利用者へのマスク会食の実施の周知、正当な理由なく応じない利用者の入場禁止
2.アクリル板の設置等
3.従業員への検査勧奨、入場者の整理誘導、発熱等有症状者の入場禁止、手指の消毒設備の設置、事業所の消毒、施設の換気等
4.カラオケ設備の利用自粛(飲食を主業とする店舗)
5.Co2センサーの設置
6.業種別ガイドラインの遵守

その他の施設に対する要請等

1.入場者の整理誘導、発熱等有症状者の入場禁止、手指の消毒等の励行、施設の換気等の感染防止対策
2.国の接触確認アプリ(cocoa)、みやぎお知らせコロナアプリ(mica)の導入・名簿作成などの追跡対策の徹底
3.業種別ガイドラインの遵守

すべての事業者に対する要請等

1.従業員等に対し、時短要請した時間以降、飲食店等にみだりに出入りをしないよう求めること
2.職場でのクラスター発生を踏まえ、休憩時間や社員寮等の集団生活の場も含めた感染防止対策を徹底すること
3.従業員等に対し、飲食を伴う懇親会等を控えるよう求めること
4.「出勤者数の7割削減」を目指すことも含め、テレワークを更に徹底すること。出勤が必要となる職場でも、ローテーション勤務、時差出勤、自転車通勤などの取り組みを推進すること。

その他宮城県による感染対策について

その他、宮城県による感染症対策の取り組み等は新型コロナウイルス感染症対策サイト(別ウインドウで開きます。)をご覧ください。