ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 都市整備課 > 台風19号の災害に伴う応急仮設住宅の対象者が拡大されました (※新規の受付は終了しました)

台風19号の災害に伴う応急仮設住宅の対象者が拡大されました (※新規の受付は終了しました)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月10日更新

応急仮設住宅について

 住宅が全壊、全焼または流出し、自らの資力では住宅を確保できない方に対し、応急仮設住宅(借上型)の案内を行っています。
※半壊であっても、水害により流入した土砂や流木等により住宅としての利用ができず、自らの住居に居住できない方も対象になります。

 令和元年台風第19号に伴う発災以降、既に個人で契約し民間賃貸住宅に入居している世帯についても、入居対象者の要件および借り上げの対象となる物件の要件に該当し、貸主の同意が得られる場合には、応急仮設住宅の対象となりました。

 まずは、り災証明書の申請をお願いいたします。

 なお、自分がどの制度を利用できるのか確認したい方、対象となる条件等について詳しくお知りになりたい方は下記をご覧ください。 

※申込受付期間 令和2年1月31日まで

 台風19号に伴う災害に係る応急仮設住宅について [PDFファイル/149KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)