ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

白石市新型コロナウイルス感染症に係る公表基準について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月22日更新

 

白石市新型コロナウイルス感染症に係る公表基準について

 白石市新型コロナウイルス感染症対策本部では、市民の安全で安心な生活を維持することを目的として、市の施設において新型コロナウイルスへの感染が確認された場合の公表基準を定めました。
 これは、感染が確認された施設を安心してお使いいただくため、「白石市新型コロナウイルス感染症に係る患者等の人権擁護に関する条例」の趣旨に基づき、感染が確認された方の人権やプライバシーに最大限配慮しつつ、施設の消毒の状況や感染拡大の可能性の有無などについて公表していくための基準を定めたものです。
 ただし、利用者が限られる保育園・幼稚園・小中学校は、子どもたちの人権やプライバシーが侵害されることがないよう、施設名は非公表といたします。あらかじめご了承ください。
 

令和2年12月22日
白石市新型コロナウイルス感染症対策本部

 

基準全文

新型コロナウイルス感染症に係る公表基準について [PDFファイル/62KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)