ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年度償却資産申告について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月12日更新

 白石市内で工場や商店などを営んでいたり、駐車場やアパートを貸し付けているなど事業を行っている個人や法人の方で、事業用の資産(償却資産)を所有されている方、または白石市内の事業者に償却資産を貸し付けている方は、地方税法第383条の規定により、毎年1月1日現在の所有状況を申告していただくことになっています。

※償却資産についての詳しい説明は 償却資産の税金について をご覧ください。

 

申告期限

 令和2年1月31日(金曜日)まで

・申告方法等の詳細については、令和2年度償却資産申告書記載要領 [PDFファイル/2.22MB]をご覧ください。

・申告書、種類別明細書等の用紙が必要な場合はご連絡いただきますようお願いいたします。

マイナンバー制度開始に伴う注意事項

●個人事業主の皆様は申告にあたっての注意事項 [PDFファイル/1.5MB]をご覧ください。

●税理士の方が代理申告する場合、申告書とともに以下の書類をご提出ください。

  1. 申告を依頼されていることが分かる書類(税務代理権限証書、委任状など)
  2. 申告を依頼している方の個人番号通知カードの写し

 なお、窓口で税理士証票の身分証明書を確認させていただきます。郵送の場合は、写しをお送りください。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)