ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 市税概要 > 台風19号による市税・保険料の軽減・減免について

台風19号による市税・保険料の軽減・減免について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月2日更新

このたびの台風19号により被害を受けられた皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

台風19号による被害者に対する白石市市税・保険料の軽減・減免申請を受け付けております。

対象となる市税・保険料について

台風19号による災害の被害を受けた日以降(令和元年10月12日以降)に納期限が到来する令和元年度(平成31年度)分の下記の市税・保険料が対象となります。

 ・市(県)民税

 ・固定資産税及び都市計画税

 ・国民健康保険税

 ・介護保険料  

 ・後期高齢者医療保険料

軽減・減免の対象について

下記の理由に該当するとき、軽減・減免の対象となります。

 ※税目(科目)で対象が異なりますので、詳しくは、軽減・減免内容の詳細 [PDFファイル/91KB]でご確認ください。

 ・災害により死亡したとき

 ・災害により重篤な傷病を負ったとき

 ・災害により障がい者となったとき

 ・居住する家屋が半壊以上の被害を受けた方(※持ち家・賃貸は問いません。「り災証明書」で半壊以上の証明を受けた方)

 ・災害により事業収入等が前年と比べ30%以上減少する見込みがある方(※保険税・保険料が対象となります。)

 ・固定資産(土地・家屋・償却資産)をお持ちで被害を受けた方

申請場所・申請期限

申請場所 : 白石市役所 本庁舎 税務課

受付時間 : 8時30分から17時15分まで(土・日・祝を除く)

申請期限  :  令和2年1月31日(金曜日)まで

         後期高齢者医療保険料については、令和2年10月31日まで

申請に必要なもの

・市税等減免申請書(申請書 [PDFファイル/49KB] ・ 記載例 [PDFファイル/104KB]

  ※後期高齢者医療保険料の減免申請は、別に減免申請書 [PDFファイル/66KB]の提出が必要です。

   ※11月7日以前に市税等の減免申請書を提出された方は、後期高齢者医療保険料の減免申請を新たに提出する必要はありません。

  ※申請人と同一世帯ではない方が申請に来る場合は、委任状 [PDFファイル/24KB]委任状(記載例) [PDFファイル/36KB]が必要になります。

・本人確認ができるもの(運転免許証など)

・マイナンバーカード

・本人の預金通帳(※還付を受ける場合に必要となります。)

・印鑑(認印で可)

・り災証明書(※白石市で発行している場合は不要です。)

・事業収入等が減少する見込みがある場合は、収入額や保険金等の金額が分かるものが必要です。

  ※事業収入等減少に係る軽減・減免申請には、収入見込みが分かる書類 [PDFファイル/12KB]の提出が必要です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)