ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 新型コロナウイルス感染症 感染症対策・経済対策について > 経済対策 > 事業者向け > 新型コロナウイルス感染症の拡大等による法人市民税の申告・納付期限延長の扱いについて

新型コロナウイルス感染症の拡大等による法人市民税の申告・納付期限延長の扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月6日更新

新型コロナウイルス感染症の拡大等による法人市民税の申告・納付期限延長の扱いについて

新型コロナウイルス感染症の影響により、法人税の申告・納付期限延長を行っている場合は、法人市民税においても同様に申告・納付期限を延長します。

延長手続きについて

申告書を書面で提出する場合は、申告書上部余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載してください。

申告書をeLTAXを利用して提出する場合は、法人税の申告・納付期限延長のために税務署に送付した「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載された「電子申告及び申請・届出による添付書類送付書」を添付してください。

延長期間について

申告期限内に申告・納付が困難な場合は、申告・納付ができない「やむを得ない理由がやんだ日から2か月以内」で申告・納付期限が延長されます。法人税の申告書等を提出することが可能となった時点で、速やかに法人市民税の申告・納付を行ってください。この場合の申告・納付期限は、原則として申告書等の提出日となります。