ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

精神障害者保健福祉手帳

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月6日更新

心の病気をお持ちの方の社会復帰、社会参加の促進を目的としており、障がいの程度により1級から3級まであります。

対象者

 精神疾患をお持ちの方のうち、精神障がいのため長期にわたり、日常生活または社会生活に制限のある方(知的障がい者は含まれません。)

障がいの程度

1級 

精神障がいがあって身のまわりのことがほとんどできないか、日常生活に著しい制限を受けていて常時援助を必要とする。(障害年金1級相当)

2級 

精神障がいがあって日常生活または社会生活に著しい制限を受けるか、著しい制限を加えることを必要とする。(障害年金2級相当)

3級 

精神障がいがあって日常生活または社会生活に制限を受けるか、制限を加えることを必要とする。

申請に必要なもの

  • 申請書
  • 医師の診断書(初診日から6か月以上経過した時点のもの)
    ※精神障がいによって障害年金の受給を受けている方は、年金証書と年金支払通知書の写しでも申請できます。
  • 写真(縦4cm×横3cm)1枚
  • 印鑑

有効期限

 発行日から2年間(2年ごとに更新手続きが必要)

優遇制度

 各種税の優遇制度(等級によって異なります)
 公共施設等の利用料金割引