ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 企画政策課 > 地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)事業

地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月23日更新

地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)事業

地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)は「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」において位置付けられたことを踏まえ創設されたものであり、地方公共団体による地方版総合戦略の早期かつ有効な策定と、これに関する優良施策等の実施に対して交付されます。

地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)事業の実績について

平成27年度に実施した地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(先行型)事業の実績について掲載いたします。

地方創生交付金(先行型)の実績について [PDFファイル/101KB]

地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)事業内容について

本市では交付金を活用し、次の6事業を実施いたします。

事業名事業の概要事業始期
地方版総合戦略策定支援事業本市総合計画に掲げる「人・暮らし・環境が活きる交流拠点都市づくり」の実現を図るため、本市が持つ歴史・観光資源を生かした交流人口の拡大による地域の活性化を主とした「白石市総合戦略を策定するために、必要な専門的な調査等を実施する。平成27年
5月~
甲冑のまち事業本市には白石城とその城主であった片倉小十郎公や武家屋敷という歴史資源があることから、甲冑をはじめとする戦国時代をモチーフとした雰囲気づくりやおもてなしおよび体験型の仕組みを整えることで、歴史好きの方や外国人観光客を呼び込み交流人口の拡大を図る。平成27年
5月~
 多言語案内ホームページを活用した観光振興事業本市は伊達政宗を支えた智将片倉小十郎の城下町である。また、真田幸村の姫「阿梅姫」が生きたまちとして真田家とも歴史的に深い関係にある。市内には白石城をはじめ、多くの史跡、観光名所が点在する。これら地域資源に関する情報を観光客が容易に得られるよう外国人観光客にも利用できる多言語案内ホームページを制作する。また、ホームページの活用や観光・防災情報などをスムースに受発信できるようFreewifiスポットを整備するとともに案内用端末の導入により観光客の受入整備を行い、交流人口の拡大を図る。  平成27年
7月~
 伝統産品映像アーカイブ事業伝統産品である白石和紙、弥治郎こけし、白石温麺などの製作・製造工程について映像化し、生産技術を後世に伝えるとともに、観光施設等で映像を公開し、伝統産品の販売促進を図る。  未定
 伝統工芸品後継者育成事業伝統工芸の後継者不足が深刻となっているため、現役の白石和紙職人の制作補助等を通じて、技術と産業の時代への継承を図る。  平成27年
4月~
 定住促進事業 定住人口の増加と地域の活性化を目指すため、住宅取得者および民間事業者に対し助成するとともに、定住促進のためのPRを行う。 平成27年
4月~

地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)上乗せ交付(タイプ1)について

上乗せ交付(タイプ1)は、原則として次の(イ)に掲げる事業分野のいずれかに該当し、(ロ)に掲げる事業の仕組みをすべて備え、(ハ)の先駆性を有する事業を実施する場合に対象になります。

(イ)事業分野
 (1)しごとづくり等に資する人材の育成・確保のための事業
 (2)農林水産業等の分野における地域に埋もれた資源を見出し、そのブランド化、販路開拓、事業化等を行う事業
 (3)地域の観光資源の開発等を行う事業
 (4)コンパクトシティ、中心市街地活性化の包括的政策パッケージに関する事業等
 (5)中山間地域等における「小さな拠点」に関する事業
 (6)プレミアム商品券、ふるさと名物券・旅行券事業と連携しつつ行う、魅力ある地域商品開発、商店街の活性化等の事業

(ロ)事業の仕組み
 (1)ビッグデータ等客観的なデータや既存事業の実績評価に基づいた事業設計
 (2)地域における関係者との連携体制の整備
 (3)適切な重要業績評価指標(KPI)の設定とPDCAの整備

(ハ)先駆性
 (1)関連する施策をパッケージ化し、利用者から見てワンストップ化を目指すもの
 (2)複数の地方公共団体が、適切に連携して同一事業を実施するもの
 (3)民間事業者やNPO等の事業ノウハウを活用して、事業の継続性や経済的な自立性を目指すもの
 (4)地方版総合戦略を実施するための専門部署の設置等、有効な事業実施体制を伴うもの

 

本市では上記内容をふまえ、宮城県蔵王町・秋田県由利本庄市と連携して次の事業を実施いたします。

事業名事業の概要事業始期
みちのく真田ゆかりの地事業本市および蔵王町、秋田県由利本荘市の3市町の共同事業として「真田ゆかりの地」という共通ブランドのもと、歴史資源や自然環境資源を活用した各種観光振興事業・地域振興事業を県境を越えて実施し、震災等の影響により低迷している観光産業を中心とした産業振興および雇用の拡大を図りながら、各市民の歴史に関する認識・郷土意識を高め、地域の魅力を再確認する。平成27年
12月~

共通ホームページ 「発見、みちのく真田ロマンス」 についてはこちらをご確認ください。

キャラクター

地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)上乗せ交付(タイプ2)について

上乗せ交付(タイプ2)は、平成27年10月30日までに次の要件を満たす地方版総合戦略を策定した場合に申請できます。

(1)原則としてアウトカムベースにより適切な重要業績評価指標が設定されていること
(2)外部有識者等を含めた検証機関により重要業績評価指標の検証が行われるものであること
(3)地方版総合戦略の策定・見直しについて、住民や産業界・行政機関・教育機関・金融機関・労働団体・メディア(産官学金労言)等との連携体制を備えていること

本市では平成27年10月27日に総合戦略を策定し、上乗せ交付(タイプ2)を活用して次の事業を実施いたします。

事業名事業の概要事業始期
白石市公式ホームページリニューアル事業市公式ホームページを定住・移住の促進や交流人口の拡大など、地方創生関連施策を推進するため、「子育て・住環境・雇用・観光」などの情報充実させ、利用しやすいホームページにリニューアルする。平成27年
11月~

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)