ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 軽自動車税 > 身体障がい者等に対する軽自動車税の減免申請について

身体障がい者等に対する軽自動車税の減免申請について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月23日更新

身体障がい者等に対する軽自動車税の減免申請について

 軽自動車税の減免は、身体障がい者手帳等(身体障がい者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳)をお持ちで、一定の条件にあてはまる方が減免対象になります。

◆普通車か軽自動車いずれか1台になります。普通車で減免を受けている方は対象になりませんのでご注意ください。

◆軽自動車税の減免については、毎年申請が必要です。

※申請期間…納期限まで

 

減免対象になる条件(個人の場合)

1 身体障がい者等(身体障がい者、戦傷病者、知的障がい者、精神障がい者)が減免対象に該当する級であり、なおかつ減免申請する車両の納税義務者であること

 ※身体障がい者が18歳未満、知的障がい者、精神障がい者の場合は、生計を一にし、同居(同一敷地内に別居を含む)する家族が納税義務者である場合も対象となります。

2 障がい者本人が運転する車両

3 専ら身体障がい者等の通学(通所)、通院または生業のために、身体障がい者等と生計を一にし、同居(同一敷地内に別居を含む)する家族の方が運転する車両

4 身体障がい者等のみで構成される世帯で、専ら身体障がい者等の通学(通所)、通院または生業のために身体障がい者等を常時介護する方が運転する車両

※障がいの級によっては、2のように「障がい者本人が運転する」場合のみ減免対象で、3・4のように「障がい者以外が運転する」場合は減免対象にならない場合があります。

 

 

減免を受けられる方の範囲(個人の場合)

  減免を受けられる方の範囲 [PDFファイル/44KB]

減免対象になる軽自動車の条件(公益減免・構造減免の場合)

1 公益のため直接専用するものと認める車両

2 障がいのある方が使用するための構造設備を有する車両(車椅子の昇降装置や固定装置等)                     

                                                             ※写真を添付していただくこともあります。

減免の申請に必要な書類

<個人の場合> (いずれも原本で有効なもの)

1

身体障がい者手帳等 

(身体障がい者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳のいずれか)

2

運転される方の免許証

3

車検証

4

印鑑 (納税義務者の印)

5

納税通知書

6

申請書 減免申請書【個人用】 [PDFファイル/71KB] 

7

納税義務者の個人番号(マイナンバー)がわかる書類

 

 

<公益減免・構造減免の場合>

1

申請書 減免申請書【法人用】 [PDFファイル/41KB]

2

印鑑 (納税義務者の印)

3

納税通知書 

4

車検証のコピー

5

障がいのある方が使用するための構造設備の写真(構造減免のみ)

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)