ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

法人市民税

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月10日更新

法人市民税は、市内に事務所や事業所などがある法人等に課税される税金です。資本金の金額と従業員数を基準として課税される均等割と、法人税額を基に課税される法人税割とがあります。

法人市民税の税率について

均等割額

 資本金等の金額従業員数均等割額
1号1千万円以下50人以下5万円
2号1千万円以下50人超12万円
3号1千万円超 1億円以下50人以下13万円
4号1千万円超 1億円以下50人超15万円
5号1億円超 10億円以下50人以下16万円
6号1億円超 10億円以下50人超40万円
7号10億円超50人以下41万円
8号10億円超 50億円以下50人超175万円
9号50億円超50人超300万円

法人税割額

 事  業  年  度 法人税割の税率
 平成26年9月30日以前に開始した事業年度 12.3%
 平成26年10月1日以降に開始した事業年度 9.7% 
令和元年10月1日以降に開始した事業年度 6.0% 

法人税割の税率改正について

趣旨


 平成28年度の税制改正により、法人市民税法人税割の税率が引下げとなりました。これにより、本市における法人市民税法人税割の税率について次のとおり改正となります。

 

改正の内容


 適用開始時期 : 令和元年10月1日以降に開始した事業年度

 改正後の税率 : 6.0

 

予定申告における経過措置


 令和元年10月1日以降に開始する最初の事業年度の予定申告の法人税割額において、次の経過措置が講じられます。

 【計算式】 法人税割額 = 前事業年度の法人税割 × 37 ÷ 前事業年度の月数

 (通常は、 法人税割額 = 前事業年度の法人税割 × 6 ÷ 前事業年度の月数 となります。)

 

 

各種届出について

 法人に異動があった場合には速やかに届出をしてください。届出に必要となる書類は次のとおりです。

異動の種類必要な届出書届出書に添付する書類
設立・事務所等設置法人等の設立・事務所等設置届出書定款、登記簿謄本の写し各1通
解散・事務所等閉鎖
登記事項の変更等
法人等異動届出書登記簿謄本、合併契約書、定款、等異動の内容が確認できる書類の写し

更正の請求について

 法人市民税に関する税額を誤って過大に申告した場合に、その内容を更正するために使用します。
更正の請求ができる期間には制限がありますので、ご注意ください。

ダウンロード申請書・納付書

申請書

法人等の設立・事務所等設置届出書 [PDFファイル/112KB]|(記入例 [PDFファイル/129KB])

法人等異動届出書 [PDFファイル/161KB]|(記入例 [PDFファイル/315KB])

更正の請求書 [PDFファイル/117KB]|(記入例 [PDFファイル/126KB])

納付書

法人市民税納付書 [PDFファイル/132KB]

※下記の金融機関でお納めください。

七十七銀行
仙南信用金庫
仙台銀行
みやぎ仙南農業協同組合
東北労働金庫
ゆうちょ銀行
白石市役所

※上記の納付書が使用できるゆうちょ銀行は、青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県内に所在するものに限ります。
その他のゆうちょ銀行で納める場合は、下記までお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)