ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

税務証明の交付と手数料

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月23日更新

目次

証明書の種類

白石市で発行している市税に関する証明書は次のとおりです。

番号証明書の種類証明の内容手数料
1所得証明書収入金額、所得金額1通300円
2課税証明書市県民税額、収入金額、所得金額、各種控除額1通300円
3非課税証明書市県民税が非課税であること1通300円
4納税証明書納付すべき税額、納税済額、未納額年度・税目毎に各300円
5継続検査(車検)用納税証明書車両番号、納付済年月日、有効期限無料
6営業証明所在地、法人名1通300円
7評価証明書物件毎の固定資産税評価額所有者・物件の種類毎に、3物件までは300円、3物件を超えるときは、1物件増すごとに50円ずつ加算
8公課証明書物件毎の固定資産税課税標準額、税相当額
9固定資産税課税台帳登録事項証明書物件毎の固定資産税評価額、課税標準額、税相当額
10無資産証明白石市内に資産がないこと1通300円
11公図写し(注)公図の写しであること1通300円
12住宅用家屋証明書家屋の表示に関すること(所在地、家屋番号、家屋の種類、構造、床面積等)1通1,300円
13固定資産価格決定通知書固定資産税評価額、評価地積(家屋の場合は床面積)無料

(注)公図の加除修正等により交付できない場合があります。

申請に必要なもの

  • 申請書(様式はホームページからダウンロードできます)
  • 委任状(本人以外の方が申請する場合)
  • 身分証明書(運転免許証、保険証など)
  • 証明手数料

ダウンロード申請書

税務証明交付申請書 [PDFファイル/40KB] (記入例 [PDFファイル/52KB])

委任状 [PDFファイル/24KB](記入例 [PDFファイル/35KB])

「証明書の種類」の表中7番から9番の手数料計算時の物件数は、納税通知書に同封されている「課税資産明細書」でご確認いただくか、税務課固定資産税係まで直接お問い合わせください。
*本人以外の方が申請する場合は、「申請できる方」の区分に応じた必要なものもお持ちください。
*軽自動車税の継続検査(車検)用納税証明書を申請される際は車検証が必要になります。

申請出来る方

市税に関する証明書の交付を申請できるのは、原則として次の方となります。

区分申請者必要なもの
個人本人(注3)および本人と同一世帯の方なし
個人本人(注3)から委任を受けた方委任状(注4)
個人相続人被相続人の戸籍謄本
個人相続人から委任を受けた方委任状(注4)、被相続人の戸籍謄本
法人法人の代表者印を押印した委任状(注4)または申請書

「証明書の種類」の表中、5番、6番、10番から12番の証明につきましては、本人以外の申請でも委任状は不要です。
「証明書の種類」の表中、13番の証明につきましては、固定資産価格決定依頼書に登記官印のある通知書を持参した方が申請できます。
(注3)「証明書の種類」の表中、7番から9番の証明につきましては、納税義務者、納税管理人も本人に含まれます。
(注4)委任状の様式はホームページからダウンロードできます。委任状は自署し、押印したものをお持ちください。

郵便での請求

上記の証明書は郵便でも申請できます。必要なものは次のとおりです。

郵送請求に必要なもの

  • 申請書(下記「申請書の記載事項」の内容を記載してください。)
    *本人以外の方が申請する場合は、「申請できる方」の区分に応じた必要なものも同封してください。)
  • 委任状(本人以外の方が申請する場合)
  • 身分証明書(運転免許証、保険証など)のコピー
  • 手数料分の定額小為替(郵便局の窓口でお求めください。)
  • 返信用封筒(切手を貼り、返信先を書いたもの)

*これらを同封して、市役所税務課までお送りください。

送り先

〒989-0292
宮城県白石市大手町1番1号
白石市役所税務課 行

申請書の記載事項

  • 必要な証明書の種類
  • 必要枚数
  • 使用目的
  • 証明が必要な方の住所・氏名(押印してください)・生年月日
    *現在、白石市外にお住まいの方は、白石市在住時の住所の記入もお願いします。(所得証明等の場合)
  • 証明年度
  • 物件の所在地・所有者(固定資産関係の場合)
  • 電話番号(平日の日中に連絡のとれる番号)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)