ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

指定文化財 白石城跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新

白石市指定 (史跡)

 江戸時代、白石城は伊達家の重臣片倉氏が代々居城していました。
 一国一城令下にあって、伊達家では仙台城の外この白石城が「城」として例外的に認められていました。
 戊辰戦争期には、奥羽越列藩同盟の中心機関である公儀府が置かれたこともありました。
 城郭は明治7年以後随時解体されてしまいましたが、城跡を公園化し春には桜が咲き乱れ大勢の市民や観光客で賑わいと見せてきました。
 昭和57年に市の史跡に指定され、平成7年には大手門と三階櫓が復元されたことで、さらに多くの人々が集まる公園となりました。
桜もきれいな白石城

市内の観光マップはこちらから。
白石城のページはこちらから。