ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 新型コロナウイルス感染症について > 経済対策 > 事業者向け > 新型コロナウイルス感染症に関する事業者向けの支援策について
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 融資・支援制度 > 新型コロナウイルス感染症に関する事業者向けの支援策について

新型コロナウイルス感染症に関する事業者向けの支援策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月30日更新

新型コロナウイルス感染症に関する事業者向けの支援策について

 

白石市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県の要請や協力依頼に応じて、令和2年4月25日から同年5月6日までの間、施設の使用停止や営業時間の短縮に全面的に協力いただいた事業者(大企業を除く)に対し、協力金を支給します。

詳しくは下記ページをご覧ください。

白石市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について

 

持続化給付金について

 感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金が給付されます。

5月1日(金曜日)より、「持続化給付金」の申請受付が開始されました。

電子申請が原則となりますので、「持続化給付金」の事務局ホームページ(別ウィンドウで開きます。)にて申請してください。

 

また、申請要領等につきましては、下記のページをご覧ください。

経済産業省「持続化給付金」ページ(別ウィンドウで開きます。)

 

電子申請の方法がわからない方、パソコンやスマートフォン等をお持ちでなく、インターネットを利用するのが困難な方に対して、申請サポート会場にて補助員が電子申請の入力サポートを行います。

サポート会場の詳細については、申請サポート会場のご利用にあたって(別ウィンドウで開きます。)をご覧ください。

申請サポート会場の利用には事前の「来訪予約」が必要です。上記サイトにてWeb予約していただくか、下記の電話番号にて、電話予約をしてください。

電話予約には「会場コード」が必要です。会場コードは開催場所一覧 [PDFファイル/876KB]に記載がございますので、開催場所一覧からご確認ください。

「申請サポート会場 受付専用ダイヤル(自動ガイダンス)」 ☎0120-835-130

受付時間:24時間対応。自動ガイダンスで、予約方法を案内します。

「申請サポート会場 電話予約窓口(オペレーター対応)」 ☎0570-077-866

受付時間:平日、土日祝日ともに9時00分~18時00分

【重要】

申請サポート白石会場は7月28日(火曜日)をもちまして閉設いたしました。今後、申請サポート会場をご利用の際は、上記の「開設場所一覧」にて開設中の会場を確認し、予約していただくようよろしくお願いいたします。

その他、詳細につきましては下記あてにお問い合わせください。

・持続化給付金事業コールセンター

受付時間:8時30分~19時00分(7、8月(毎日)、9~12月(土曜日、祝日除く))

直通番号:0120-115-570

IP電話専用番号:03‐6831-0613

 

家賃支援給付金について

5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を支給します。

電子申請が原則となりますので、「家賃支援給付金」の事務局ホームページ(別ウィンドウで開きます。)にて申請してください。

また、申請要領等につきましては、下記のページをご覧ください。

経済産業省「家賃支援給付金」ページ(別ウィンドウで開きます。)

その他、詳細につきましては下記あてにお問い合わせください。

・家賃支援給付金事業コールセンター

電話番号:0120-653-930(平日・土日祝日8:30~19:00)

 

【重要】7月31日(金曜日)に、白石市内に家賃支援給付金申請サポート会場が開設されます。

家賃支援給付金申請サポート会場では、電子申請の方法がわからない方、パソコンやスマートフォン等をお持ちでなく、インターネットを利用するのが困難な方申請サポート会場にて補助員が電子申請の入力サポートを行います。

・白石会場

施設名:白石市文化体育活動センター(ホワイトキューブ)

住所:白石市鷹巣東2-1-1

受付時間:9時00分~17時00分

定休日:毎週水曜日

その他の会場については、申請サポート会場一覧(7月29日時点) [PDFファイル/528KB]をご覧ください。

サポート会場の詳細については、申請サポート会場のご利用にあたって(別ウィンドウで開きます。)をご覧ください。

申請サポート会場の利用には事前の「来訪予約」が必要です。上記サイトにてWeb予約していただくか、下記の電話番号にて、電話予約をしてください。

「申請サポート会場 受付専用ダイヤル」 ☎0120-150-413

受付時間:平日、土日祝日ともに9時00分~18時00分

雇用調整助成金について

雇用調整助成金とは、「新型コロナウイルス感染症の影響」により、「事業活動の縮小」を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るために、「労使間の協定」に基づき、「雇用調整(休業)」を実施する事業主に対して、休業手当などの一部を助成するものです。詳しくは下記ページをご覧ください。

厚生労働省「雇用調整助成金」ページ(別ウィンドウで開きます。)

その他、詳細につきましては下記あてにお問い合わせください。

・ハローワーク白石 

電話番号:0224-25-3107(8:30~17:15 土・日・祝日・年末年始を除く)

・学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金コールセンター

電話番号:0120-60-3999(9:00~21:00 土・日・祝日含む)

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について

新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対して、当該労働者の申請により、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金を支給するものです。詳しくは下記ページをご覧ください。

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」ページ(別ウィンドウで開きます。)

その他、詳細につきましては下記あてにお問い合わせください。

・新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター

電話番号:0120‐221‐276(月~金 8:30~20:00、土日祝 8:30~17:15)

経済産業省の支援施策等について

経済産業省ではコロナウイルス感染症により影響を受ける事業者様向けに各支援策を案内しております。

詳しくは下記ページをご覧ください。

経済産業省の支援策(別ウインドウで開きます。)

相談窓口について

宮城県中小企業支援室では、国内外において新型コロナウイルス感染症が拡大していることに伴い、中小企業や小規模事業者向けに経営や資金繰り等に関する相談窓口を設置しています。

新型コロナウイルス感染症に関する事業者向け相談窓口の設置について(別ウインドウで開きます。)

県制度融資について

宮城県では、新型コロナウイルス感染症により、売上げの減少などの影響を受けた中小企業者に対し、県制度融資「セーフティネット資金(保証4号および5号)」および「災害復旧対策資金」による金融支援を実施しています。

新型コロナウイルス感染症に伴う中小企業者に対する金融支援について(別ウインドウで開きます。)

セーフティネット保証制度・認定申請書について

セーフティネット保証とは、取引企業の倒産、取引金融機関の破綻、自然災害等により経営の安定に支障が生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るために、信用保証協会が一般保証の限度額とは別枠で保証を行う制度です。

市内の事業者がこの制度を利用するにあたっては、中小企業信用保険法第2条第5項に規定する「特定中小企業者」であることについての認定を市から受けることが必要になります。

詳しくは下記のページをご覧ください。

セーフティネット保証制度・認定申請書ダウンロード

 

危機関連保証制度・認定申請書について

危機関連保証制度とは、内外の金融秩序の混乱その他の事象が突発的に生じたため、全国的な資金繰りの状況を示す客観的な指標である資金繰りDi等が、リーマンショック時や東日本大震災時等と同程度に短期かつ急速に低下することにより、我が国の中小企業について著しい信用の収縮が全国的に生じていることが確認でき、国として危機関連保証を実施する必要があると認める場合に、実際に売上高等が減少している中小企業者を支援するための措置です。

市内の事業者がこの制度を利用するにあたっては、中小企業信用保険法第2条第6項に規定する「特定中小企業者」であることについての認定を市から受けることが必要になります。

詳しくは下記のページをご覧ください。

危機関連保証制度・認定申請書ダウンロード

 

固定資産税等の軽減措置および特例措置について

新型コロナウイルス感染症の影響により厳しい経営環境にある中小企業者等に対して、令和3年度課税の1年分に限り、償却資産および事業用家屋に係る固定資産税および都市計画税の課税標準を2分の1またはゼロとします。

また、新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも新規に設備投資を行う中小企業者等を支援する観点から、適用対象(現行:設備)に一定の事業用家屋および構築物を加えます。また、生産性向上特別措置法の改正を前提に適用期限(現行:令和2年度まで)を2年延長し令和4年度までとします。

詳しくは下記ページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関する固定資産税等の軽減措置・特例措置について(税務課ホームページ)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)