ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 庁舎・施設案内 > 施設案内 > 古典芸能伝承の館(碧水園)

古典芸能伝承の館(碧水園)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月1日更新

愛称「碧水園(へきすいえん)」について  フェイスブック

古典芸能伝承の館 碧水園 外観 碧水園には、能楽堂と茶室があります。大徳寺の立花大亀老師は、八畳広間を「藍如亭(らんにょてい)」、三畳台目小間を「碧水庵(へきすいあん)」と名付けられました。
 老師によれば、「禅林句集」に潤水湛如藍(潤水湛えて藍のごとし)の句から「藍如亭」、遠山無限碧層々(遠山限り無き碧層々)の句から「碧水庵」と名付けたとのことです。
 蔵王を源流とする水が碧玉渓(へきぎょくけい)を流れ、白石城の内堀を経て、園庭の池にそそぐ。碧水園の「碧」は「白石の王」と書きます。
 町の中を網の目のように流れる水、まさに水は白石にとって王である。そんな意味も加味されているのかもしれません。  

 

 

 

 

 

 

これからの催し物

イベントこれからの催し物はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

能楽堂いろいろ

能楽堂能楽堂(敷地面積、構造規模、施設内容、外構)はこちら

 

 

 

 

 

 

茶室いろいろ

茶室茶室(構造規模、施設内容、外構)はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ご利用案内

ご利用案内(開館時間、休館日、使用料)はこちら